2019年8月あらいとすたっふ名古屋ボードゲーム定例会リポート

本日の参加者 4名。

まずは『イージーコム』
CIMG1015.JPG
超お手軽ダイスゲーム。
役を作ってタイルを奪い合うのだが、
作りやすい役は奪われやすいので、できるだけ高い役を狙いたいが、
それだとドボン率も高いので厄介。

お次は『ラマ』
CIMG1016.JPG
最新のカードゲーム。
「どこにラマ的要素があるんだ?」とツッ込んではいけないw
どことなくUNOっぽいが、このゲームは『降りる』要素があるので。
上手く降りれば自分もダメージだが、相手はもっと大ダメージを与えられるぞ。

お次は『ビブリオス』
CIMG1018.JPG
ダイスありますけどダイスは振らないゲームwww
引いたカードから相手にあげるカードや競りに出すカードを分けないといけないので、
良いカードだと思って「これもらい!」ともらって次のカード引いたら、もっと良いカード引いて阿鼻叫喚ww

お次は『レイクホルト』
CIMG1020.JPG
野菜を作って、どんどん出荷していくゲームです。
うまく計画的に作らないと、後になって「種がねぇ!」と身動きがとれなくなるので要注意。

お次は『電力会社』
CIMG1022.JPG
結構歴史のあるゲーム。これはその最新版。
資源を買って、送電線を広げて、電気でお金を稼いでいくゲームで、
資源は買えば買うほど不足して、価格も高くなっていきます。
後半になってくると、電気の消費も激しくなっていくので、だんだんと供給が追い付かなくなり、
資源に悩まされるのが解りやすいです。
エネルギー問題とか教育要素も感じられるので、
学校の社会の勉強にもなります。
学校のレクリエイションとかにもオススメなゲームです。

お次は『マンマミーア プラス』
CIMG1024.JPG
記憶力が頼りのピザ作りカードゲーム。
具材のカードは重ねて置かれるので、なにが置かれていたのかを覚えていないと、全然点が稼げません。
このゲームはその新バージョンで『助っ人ルール』があり、
助けてあげると点を分けてもらえます。
敵に塩を送る場合もありますが、うまく使えば記憶力に自信が無い人でも勝てます。


と、今日はここまで。

次回は9月15日になります。
posted by 伝次郎Jr at 19:20愛知 ☀Comment(0)日記

2019年7月ボードゲーム定例会リポート

本日の参加者。3名。

まずは『ル・アーブル 内陸港』
CIMG0988.JPG
二人用の商業ゲーム。
建てた建物のタイミングをいつ建てて、いつ使うかが重要。
材料の管理の仕方が特殊なので、うまく集めないと、素材を無駄使いするハメに。

お次は『テラフォーミングマーズ』
CIMG0989.JPG
もう毎回やっているといってもいい、今超人気のボードゲーム。
その人気ゆえに、今度また拡張版が販売されるそうです。
なにしろカードの種類が豊富なため。
やるたびに違った戦略が楽しめます。

お次は『ルーミス』
CIMG0990.JPG
ブロックを積み上げていくゲーム。
知能指数テストに出てそうなブロックの空間把握が重要。
置いたブロックを、置いた傍から潰されると、知能指数が低いとみられそうでイラつきますw


お次は『街コロ』
CIMG0991.JPG
街を作っていくダイスゲーム。
建てる建物の中には「相手の出目で稼ぐ」のもあるため、
相手のダイスを利用して、一気に点数を稼ぐことも可能。

と、今日はここまで。

次回は8月4日になります。
posted by 伝次郎Jr at 18:14愛知 ☁Comment(0)日記

あらいとすたっふ 弥冨6月ボードゲーム定例会リポート

本日の参加者 4名

今回はいつも使っている会場が工事中のため、
弥富市にある『弥富市産業会館』でお送りします。

まずは『頭脳絶好調』
CIMG0880.JPG
クィニツァの名作のひとつ。タイルを並べて点数を稼ぐ、というシンプルながら奥が深いゲームです。
色を平均的に稼がないと勝てないようにできているため、
いくらたくさん高得点を稼いでも、一色が0点だと0点に・・・
これがツクィニツァ作品の恐ろしさ。

お次は『ヨツバナイト』
CIMG0881.JPG
クラウドファイティングで作られたという国産ボドゲー。
騎士を雇って、クエストをクリアしていくダイスゲーム。
これまた平均的に動かないと勝てないようにできてます。

お次は『クワトロ』
CIMG0884.JPG
ダイスでポーカーのような役を作っていくゲーム。
振り直しルールがあるので、フルハウスとか大きな役が意外とできちゃいます。
それでもヤッツィー(5つが全部同じ目)は難しいですが。

お次は『スマートフォン株式会社』
CIMG0886.JPG
スマートフォンを開発して世界中に売りさばいていくゲームです。
価格を自分で決められるのですが、薄利多売は意外と勝てません。
やはり本当にいいものは価格を高くするべきである。

お次は『プエルトリコ』
CIMG0887.JPG
もうすっかりおなじみの開拓ゲーム。
運の要素があまりないため。
本当に高い戦略性が求められるゲームです。
しかし、知名度の割に未だに日本語版は発売されてないらしい(日本語版タイルは販売されたが)。
新しいゲームもいいが、古い絶版も日本語版で復刻してほしいものだ。

お次は『ポートロワイヤル』
CIMG0888.JPG
ドボンを警戒しながら、船員を雇っていくカードゲーム。
高得点カードを待っているとドボンする確率が高いので要注意。

と、今日はここまで。

来月はまた中川の生涯学習センターに戻ります。
(日時などの詳細はまた)。
posted by 伝次郎Jr at 18:47愛知 ☀Comment(0)日記